子どものアレルギー検査はいつ行うべきか

>

検査はいつ受けたらよいんだろう

症状が現れたら医師と相談

離乳食が始まっていなくても市販のミルクが体質に合わず全身に蕁麻疹が出てしまう赤ちゃんもいます。
今までは大丈夫だったのにミルクのメーカーを変えたら症状が出る場合もあるので、いつもと様子が違ったら迷わず受診をすることをおすすめします。
今までのミルクに入っていなかった成分が体質に合わなかったんだと予測されるので、成分がわかるものを持参するとアレルギーの原因が特定されやすいですね。

アレルギーの検査をする必要があるかは、お医者さんが症状や状況で判断してくれるはずです。

離乳食が始まってからも同様です。
アレルギー反応は食品以外にも、空気中に含まれるもの、特定の動物に反応する場合もあります。
蚊に刺されると異様に腫れあがるなど原因は色々です。
何科を受診すれば良いか迷うと思いますが、まず、かかりつけの小児科に相談すれば大丈夫です。

検査は何歳から受けられて何をするのか

検査の方法は主に血液検査と皮膚検査、皮膚負荷検査があります。
血液検査は採血をして、血液の中にIgE抗体が血中にどのくらい含まれるかを調べます。
数値を見る事で原因となる物質を特定するという方法です。
血液検査の結果を参考に他の検査に進む事もあります。

皮膚検査は、皮膚にわずかな傷をつけ、そこへアレルギーの疑いがある物質の液をつけるか、薄い紙に液をつけてから皮膚に貼り反応をみます。

皮膚負荷検査は、1週間から2週間はアレルギーの原因の物質は食べないようにして、その後に食べてみて様子を見ると言う方法です。

アレルギーの検査はいつから受けれるかは実は明確な基準はありません。
必要なタイミングならいつでも大丈夫です。
ただ、微量であっても血液を採取するには赤ちゃんにとって負担になります。
その辺りも踏まえてお医者さんと相談して、その子にとっていつがベストタイミングかを判断しましょう。