子どものアレルギー検査はいつ行うべきか

>

気になるアレルギーの症状はどんなもの

どんな症状がでるのか

例えば花粉症の場合は、くしゃみ、鼻水、咳、目の痒みなど、症状がわかりやすいかもしれません。

食べ物の場合は蕁麻疹が出たり、口の周りが赤くなったり、呼吸がゼコゼコしたり、下痢や嘔吐をする事が多いようです。
食べ物を食べた後にこのような症状が出た場合にはアレルギーの可能性が心配なので、様子を観察する必要があります。
もし食品によるアレルギーだった場合にはまれに容態が急変する場合があるからです。
子どもは自分の不調を上手に伝えられませんし、具合が悪そうだら寝かせておいたら意識を失っていたとなっては大変です。

アレルギーの原因が同じであっても、その人の体質によって症状も現れ方も変わりますし、症状の現れる度合いも人によって違います。

繰り返しているのかも見極めポイント

アレルギー反応は、同じ原因に対して同じ症状が現れる事を繰り返すという特徴があります。

同じ食品を食べた後に蕁麻疹が出たり、口の周りが腫れる、決まって下痢や嘔吐をするなど同じ食品から同じ症状を繰り返すなら、アレルギーの可能性が高いでしょう。

食べ物以外にも、猫の飼っているお家にお邪魔したり、猫に触れるといつもくしゃみが出たり胸が苦しそうな症状が出るなら要注意です。

風邪や感染症でも同じような症状が出るので、症状だけでは見極めるのは難しい部分ではあるのですが、アレルギーではないかと見極めるポイントは繰り返しているかです。
疑いがあると判断したら、なるべく早くアレルギーの対応が得意な病院を受診すると良いでしょう。
早めに対することで症状が緩和される事もあります。