子どものアレルギー検査はいつ行うべきか

>

子どものアレルギー検査はいつがいいのか

空気中に飛散してるものが原因

空気中に飛散するアレルギーの代表には花粉症があります。
花粉の多く飛ぶ季節や場所にいて空気中に含まれる花粉を吸いこむことでくしゃみ、目のかゆみ、酷い咳がでたりします。

ハウスダストなどホコリやダニ、カビ、猫など動物の毛などがアレルギー症状の原因になる場合もあります。

空気中の浮遊物は目に見えないので、アレルギーの原因を特定しにくいのですが、部屋の掃除を徹底したり、空気清浄器をつけたり、マスクをするなどするだけでも症状が緩和されます。

症状が辛そうな時には上記の方法を小まめに行うと良いですね。
ただ、くしゃみが多いからと言って勝手に花粉症と決めつけてしまうのは危険です。
自己判断するのではなく、医師の診断を受けましょう。

食べ物が原因の場合

最近はアレルギーの原因だと言われる食品も増えてきて、意外な食べ物がアレルギー反応を引き起こす場合があるので小さなお子様のいるママさんは気を使っているのではないかと思います。

お菓子など微量に含まれている物でも、その子の体質によってはアレルギー症状を起こす場合もあります。

食品アレルギーで良く知られているのが牛乳、小麦、卵です。
蕎麦やエビやカニなどの甲殻類はアレルギー起こした時のショック症状が酷いと意識を失うほどの重症化する場合があり、たびたびニュースになっています。

ゼラチンなど意外な食品がアレルギーの原因になる子もいます。
その為、遠足などで昔は行っていたおやつ交換もアレルギー対策として行わないとしている園や学校も多いと聞きます。