子どものアレルギー検査はいつ行うべきか

子どものアレルギー検査はいつ行うべき?

子どものアレルギー検査はいつがいいのか

そもそもアレルギーの反応はどのようなメカニズムで起こるのでしょうか。 人間の身体は外部から入ってきた風邪やウイルスから身を守るためにタンパク質という抗体を作り対抗します。 体質により本来は人間の身体には害がないのに外敵と判断して抗体を作って対抗してしまう場合があり、それがアレルギー反応と言われています。

アレルギーの原因は何か

一言でアレルギーと言っても原因も症状も様々です。
ホコリや花粉などが原因で、くしゃみや鼻水や咳が出る事もあれば、食べ物が原因でじんましんや嘔吐、下痢を起こす場合もあります。
食べ物のアレルギーは意識を失うようなショック症状を引き起こすケースもあり注意が必要です。

ママさんの中には自分が花粉症に悩まされていたりして、自分の子にも遺伝的に影響を与えてはいないか気になっている人も多いそうです。
自分たちの子どものころには無かったのか、知らなかったのかはわからないけど今はアレルギーを起こす原因の食品が多すぎて心配になってしまいます。
特に離乳食が始まる時期は過敏になるかもしれません。
食品アレルギーが原因で救急車で運ばれたなんて話を聞くと恐ろしいです。

そうなるとアレルギーの検査は離乳食を始める前に行って安心してから食べさせたいと言う気持ちになりますが、それはそれで現実的ではないようです。

アレルギーの検査というのはある程度アレルギーの原因とみられる物質が特定できていないと、一度に調べられる項目にも限度もあり難しいそうです。
検査をするなら特定がある程度できてからになります。

気になる症状があれば自己判断をせずに病院に連れて行く事をおすすめします。
食べ物のアレルギーが疑われる場合には食べた食品や量、食べてからどの位の時間が経過してから症状が出たのかを出来るだけ細かく書き残しておくと受診の際に役立ちます。

検査内容にもよりますが、必要であれば赤ちゃんでも検査は受ける事が出来るのでお医者さんと相談しながら、その子のタイミングで検査を受けるのが良さそうです。

おすすめリンク

気になるアレルギーの症状はどんなもの

症状はアレルギーの原因となる物質や体質によっても反応の現れ方は違います。 主な症状としては、くしゃみや咳、嘔吐下痢、湿疹や蕁麻疹、目の充血などです。 軽い場合にはすぐに症状が治まる事もありますが、重傷な場合には意識を失ったり命を落とす場合もあります。

検査はいつ受けたらよいんだろう

検査の方法によっては年齢によって受けられないものもあるようですが、症状が出ていてアレルギーの疑いがあるのなら赤ちゃんでも検査は受ける事ができます。 アレルギーが疑われる症状を繰り返したり、ある程度原因となる物質が特定できた時がタイミングとしてはベストです。